2016年10月25日

日本一周日誌(屋久島編G)

F6E416F7-6FA9-4144-B2EC-477DE47621A5.jpg
メイン道路からの抜け道に入ると
10台ほど停めることのできる駐車場があります




D7962017-A416-4F4B-B855-A96DC1777F2C.jpg
屋久島の大本命温泉、
平原海中温泉









AA0BE7E3-251F-4033-8E4F-54F9998FC09C.jpg
100円で入れる破格の温泉、










その温泉がこちら







435D26B9-A6CB-4F6F-9730-7E27C81AF0C1.jpg

「えぇぇえええーー!」



思わず声に出てしまう程に

海が近く、波が高い!

脱衣所もなく、全米女子フルオープンな温泉



CBEC469F-BE75-45F2-90FB-C5B545017A7A.jpg
海水浴と温泉が楽しめる

時折魚がぴちゃぴちゃ跳ねてます



0E58A975-86B0-43BE-BA8D-23E1B0DA6B40.jpg
黒い石?の所はヌルヌルしているので
滑らないように注意して下さい






39A8D278-BBE5-48C9-B71D-2A5078A24C6F.jpg
ここに来るためだけに屋久島に来るのも
価値大有りです!









C982FDDE-6AB9-4080-B205-390F4E9565CA.jpg
屋久島観光ポスター



ならねーかなー











19088854-78E2-4513-88C8-5CFD2DC52A3B.jpg
それからビールとおつまみを購入し

波の音を聞きながらタバコをふかす


何もしない贅沢に気がつけた瞬間でした





そのまま就寝、

明日は鹿児島に戻ります


posted by なおちゃん at 19:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本一周日誌(屋久島編F)

36C322E3-1826-4338-BD1F-58037D4E2EA7.jpg
屋久島ドライブは心地が良い

信号がものすごく珍しく感じる島です







3844FF47-5D89-41D3-A26D-D8A377D38774.jpg

丸みを帯びた石が盛りだくさん

F1B4BD88-5598-4882-BC68-173C24268399.jpg

一瞬フンと見間違えそうな

面白い形の石もあります



















E8E3D169-A1F9-4846-8057-F0B00F07F545.jpg

キャンプ場も併設されており


4148142C-1C62-4C91-92DB-C8351341F4A6.jpg
流し台もあります






9A390022-8F30-4B44-8604-3D16519E64AE.jpg

ほぼプライベートビーチに隣接するお風呂やさんの名は










112A417B-015A-4042-A65E-785AB3E53A82.jpg

大浦の湯




A0EF8D2A-483F-4277-8DCC-D46C1BD1B57E.jpg
ごめんくださーい



09B69599-08AD-497F-8C4F-2FFC58834DB1.jpg
すいませーん






E02A1EB1-85BF-4786-9DD0-0D268067CDD2.jpg


お客さんと見分けがつかないほどのスタッフさん


この瞬間、心を鷲掴みにされました




58EEF3DD-7CDF-45EB-ACB1-2A834F78B85B.jpg

几帳面なのかそうでないのかと思える
トイレのスリッパ置き


癖が強い






9BB486B5-B223-4530-89AC-46918A4AC966.jpg
こちらが脱衣所、




1563DC0F-024F-4AD7-BE00-E1010FC9E0B7.jpg

貸切状態のお風呂場には、
波の音しか聞こえない癒しの空間と
なっております


EC09789C-B108-48D0-972F-DC532BD1D4C7.jpg

こちらはおそらく
お湯を混ぜる時に使用するであろうオール





5B0C0F2A-06C9-48A3-9742-EBA8705B73E0.jpg
お土産の品も充実しております








341FA6D7-C85E-4A2E-BC44-84C92D88F306.jpg

近年こちらのお風呂施設の来客数は
激減傾向にあるので

屋久島に行った際は是非訪れてみてください

ゆっくりとしたおじいちゃんと
波の音、ガバ茶があなたの事を待っています


posted by なおちゃん at 19:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

日本一周日誌(屋久島編E)

3B0406C8-0BEE-49E7-AD80-245AB8C5C888.jpg
不気味に赤く染まった
太鼓岩を指す看板、

ここまでくれば途中下山の文字は消えていた





DC51CA07-FFAF-449C-8810-362E4A8EE9EA.jpg






3ABE935C-C169-4E78-BFCB-4FB753244668.jpg


このような場所にも楽しみを感じながら









D38DC1A7-E83D-4996-AB5E-CB3470683299.jpg
「わぁああああ!」

「すごぉーい!」
といった歓声が徐々に大きくなり始め






D9663BB6-9CDC-4BF8-BF95-2DFD2DE1CD7A.jpg


ついに山頂到着、





BD373EDD-FDC5-4E0A-A3D7-EB45C5D7F174.jpg
『ズドンッ!』っと
心臓を貫く圧巻の光景、

山頂到達の達成感、

自然と頷きあう観光客同士、


「これだ!」っというものも見れた瞬間だった



BFDBC0C5-6BCD-4E31-BCB5-0B8E70EBEE44.jpg表情からも確認できる通り

おそるおそる撮った写真、

青い服着たガイドさんはおそらく
忍者とくノ一のサラブレッドではないか
というほどの身のこなしっぷり




20280E31-9981-4D96-85BB-6C7024CD88C7.jpg
マートル博士とジビエ研究員2名(全くの嘘です)

こういうのいいなーっと思いながら下山
posted by なおちゃん at 19:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本一周日誌(屋久島編D)

B7C0DD6E-9BF3-4223-8EA2-673E80C157AF.jpg
山登りは辛い事だらけではない、

こちらはくぐり杉









418E9C77-40A5-44C1-99B5-C1573F522C91.jpg

命名が小学生だからこれまた驚きだ

ここで雨宿りしているシカの光景は
さぞ神秘的だろう









419554BB-CA0C-412A-B1C2-0CFC3D358052.jpg



CAFF852D-84DE-4803-9547-AE90A9956D17.jpg
圧巻 の一言である

そして表情にも疲れが見え始める頃、









4366B2BC-67F2-4FAE-BA10-423C0C47D79E.jpg
苔むす森(旧もののけ姫の森)到着


過去ジブリに確認したところ、
名前を変えてくれっと言われ
現在では苔むす森の名称となっています



447D2453-BA3C-4874-92FF-77A959FE8942.jpg
思わず、サーーーンっと叫びたくなる衝動を抑え

ここでの目的は終わった、

さあ下山しよう


















本当にここまででいいのか、






いつもの悪い癖だ
















登山入り口のスタッフの言葉




太鼓岩まで行けばいいのに〜

いいのに〜


のに〜


に〜





消そうと思っても消えない特徴のある声と




ここまで来たのだからという、せっかく感















「えぇえい!どうなっても知らんぞ!」

覚悟を決めた男はジコ坊を越えていた













posted by なおちゃん at 19:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本一周日誌(屋久島編D)

B7C0DD6E-9BF3-4223-8EA2-673E80C157AF.jpg
山登りは辛い事だらけではない、

こちらはくぐり杉









418E9C77-40A5-44C1-99B5-C1573F522C91.jpg

命名が小学生だからこれまた驚きだ

ここで雨宿りしているシカの光景は
さぞ神秘的だろう









419554BB-CA0C-412A-B1C2-0CFC3D358052.jpg



CAFF852D-84DE-4803-9547-AE90A9956D17.jpg
圧巻 の一言である

そして表情にも疲れが見え始める頃、









4366B2BC-67F2-4FAE-BA10-423C0C47D79E.jpg
苔むす森(旧もののけ姫の森)到着


過去ジブリに確認したところ、
名前を変えてくれっと言われ
現在では苔むす森の名称となっています



447D2453-BA3C-4874-92FF-77A959FE8942.jpg
思わず、サーーーンっと叫びたくなる衝動を抑え

ここでの目的は終わった、

さあ下山しよう


















本当にここまででいいのか、






いつもの悪い癖だ
















登山入り口のスタッフの言葉




太鼓岩まで行けばいいのに〜

いいのに〜


のに〜


に〜





消そうと思っても消えない特徴のある声と




ここまで来たのだからという、せっかく感















「えぇえい!どうなっても知らんぞ!」

覚悟を決めた男はジコ坊を越えていた













posted by なおちゃん at 19:43 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする